うなぎ桶

うなぎブログ

「日記・ライフログ・手帳」の手書きと既成品のメリットデメリット

 

 

fudeyuu.hateblo.jp

 

fudeyuu.hateblo.jp

 自作をしてみて思ったことです。

 

既成品のメリット(兼デメリット)

既にいろいろ(特に日付)が印刷されていること

これが余りにも表裏一体なんですよね。これがいるけどこれがいらない、みたいなことが多すぎなんですよね。ただし日付だけは先に印刷してくれているのは助かりますけど。

自作のメリット

自分にあったものを作れる・使える

創意工夫が楽しい

ざっくりいえばこれ。本を綴じるレベルからやれば商品の供給に左右されなくなるというメリットも。ぼくはどっちかていうと月ごととか毎回違うノート使いたいですけどね。

自作のデメリット

あまりに忙しいと手帳の供給が途絶える

ほかのデメリットを抑えて余りあるデメリットです。これのせいで他のデメリットが霞むんじゃないですか? 実際他のデメリットなんかどうでもいいですねこれの前では。これを乗り切れればぼくは自作してもいいと思います。

手書きor自作「日記・ライフログ・手帳」の日付・予定の話

 

fudeyuu.hateblo.jp

 上記記事の続きです。

手書き「日記・ライフログ・手帳」の弱点
手帳自作していて手書きの弱点に気づきました。

日付です。

日付を自分で書かなきゃならないの、面倒じゃないですか? 同時に

予定を書き込みにくい

この二点ですね。予めカレンダーがないので予定の日付をまだ記入してないときあわあわしてしまうわけです。そして面倒である。

日付について


COLOP(コロップ) デートスタンプ ブラック[DP041]

 これ使ってました。画像で大きさを確認してください。下記のように小さくなりますが、それなりに綺麗になります。
え? 押し直しで汚い? すいません……いやいやこれで綺麗になるのは数字です。数字の間違いをなくすためにこうしたのです。

ぼくはクセ字ですから7と1とか6と0、9と0がときどきぐっちゃぐっちゃになっちゃうんです。それを防げるのは大きいですね。

予定について

日付スタンプはせいぜい一ヶ月か……ノート一冊分とか一年分一気に押せる人はいいんですけどね。


情報は1冊のノートにまとめなさい[完全版]

 これで知ったテクニックなんですけど、カレンダーをWordなりExcelなりその他ネットのテンプレなりで作ってしまって印刷してそれを貼っつけるというものです。

Wordのテンプレ(グーグル検索)

Excelのテンプレ(グーグル検索)

そして予定はそこに書き込むってのが合理的ですかね。

どんなノートを使う? 


コクヨ キャンパスノート B5 B罫 40枚 ノ-H4PBN

 


コクヨ キャンパスノート B5 方眼罫 40枚 ノ-H4PSN

スリムB5なので縦長、つまりどんなかばんでも収まりがいい。コンパクトである。ですが服のポケットには無理なサイズですね。
かつ、裏表紙が厚紙なので書きやすいんですね。上のスタンプ押した画像もこのノートです。ぼくは左に予定、右にその日あったことを書いています。裏が厚紙なので立ったままでも書きやすいです。
ただし、やはり予定側の左のページ(表紙側)は厚紙でないので立ったままでは書きづらいですね。
ただ、方眼と枠線入しか見つからなかったんですよねこれ。無地派なんで残念でしたが結局ベージュの方眼枠のを使ってます。まあ、これはこれで使ってみると文字があっちいったりこっちいったりせずに書きやすいっちゃ書きやすいです。あってもそれほど気にならなかったです。

この記事開くだけで既にもてている! 男性が書くもてない女性へのもてる方法

この記事タイトルを見た瞬間、お前のモテ秘孔を突いていたのだ……

 

男性人口のが地方都市一個分くらい多い。

はい。事実です。

 

fudeyuu.hateblo.jp


なぜなら18〜34歳の男女で交際相手がいない人数は
男性が134万人多いです。この数字ではLGBTの方は7.6%と見積もりました。

電通ダイバーシティ・ラボが「LGBT調査2015」を実施 - ニュースリリース一覧 - ニュース - 電通

(残念ながら細かい数字がないのでバイセクシュアルの方も除外することになってしましましたことをご了承ください。)

「クラスでいちばん容姿に自信がなく」「趣味が特殊」「性格が悪く」てもあなたが異性愛者の女性であるならば少なくとも134万人からは選べます。それゆえ、女性同士のなかでは恋人がいない人が目立ってしまう結果にはなっていると思います。

ワンポイントだけがんばる

先のような事情がありますので、あなたは一点突破をおすすめします。今持っているあなた自身にワンポイントだけプラスします。それで頭一つ抜け出します。

男性と同じ趣味を楽しむ

深くのめりこめたらいいですけど、そうでなくてもいいです。下手でも男性に「教えて?」と教えを乞い自尊心を高めてあげて「すごーい」とほめて操縦するチャンスです。男性に多数派なイメージの趣味としては女性アイドルやアニメ、オーディオ、模型などやスポーツですね。
ここで大事なのは「このくらいならやってもいいかな」「楽しそう」と少しでも思えるものをすることです。あなたの世界も広がります。無理してやっても後からつらくなります。またその分野で女性の友達を見つけることもできるようになることもあるかもしれません。

現在ある趣味を少しずらす

たとえば音楽なら好きなアーティストを男性も聴きそうな、男性が多く聴きそうな方向へずらしていく。アニメ好きなら男性みるアニメもみてみる。というあたりです。

今ある趣味は捨てなくていい

先にも書きましたが男性は100万人以上余っているので一点突破で合うとこがあれば妥協ないし惚れて全肯定状態になる可能性が高いです。なのであまりに受けが悪いかなと思ったら内緒にして徐々に明かしていくくらいでもいいでしょう。 

話を聴くスキルを学ぶ

 あんまり男女関係ないので覚えておいて損はないです。

fudeyuu.hateblo.jp

 上記記事に併せ、バイスティックの7つの原則というものをご紹介します。要は話を聴く基本です。
若干わかりやすい言葉に改変してます。

・相手を一人の人間として尊重すること

基本中の基本にして全て。「あなたはかけがえのない人」で、「あなたは一個の人格」であると認めること。

・自分の感情をみつめる

感情を出すな冷静になれといっているわけではなく、自分をよく普段からみつめて自分の心の動きを観察する目を持つこと。恋愛より前の段階のかかわりでは重要ではないでしょうか?

・相手(自分)に感情を出させる

元ネタでは相手に感情を出させるという要素が大きいのです。ソーシャルワーカー、対人援助職の基本原則なのでそうなってます。しかし恋人(候補)になる相手なら、相手に感情を出させて自分も感情の言葉「うれしい」「かなしい」等を発していくことです。意外と言ってないのではないでしょう? そういう言葉。なかなか相手に感情を発露してっていっても難しいので、まず自分からして促していくことですね。そして相手が感情にかかわる言葉を発したらそれに突っ込んできいてみることです。

・相手の言ったことを受けとめる

まず、受け止めましょう。頭ごなしに批判しない。まず「なるほど」「そうだね」「わかる」と。考えが違うときでもまず、相手の考えを認める。「そうなんだ、けど私の考えは違う」というところからはじめる。

・相手のことをこちらで判断しない

相手の人生は人生です。アドバイスはときに毒になります。わかりやすくいうと、相手に干渉し過ぎない、余計な口出しはしないということです。もちろん、ダメなことはダメと言わないといけませんが、余程の時でない限り止めない、尊重するということです。

・相手の決定を尊重する、促す

相手に全部決めてっていう人はうざいですね。自分で決められる人がいいというのは男女とか関係なくあるでしょう。これは対人支援の原則なので男女関係ならこれはむしろ「あまりに決断力がない人間は選ばない」ととらえていいと思います。ないけどこの人がいい! というときは、小さい決断でもそれを「いいね! そうしよう!」「そうしたら良いんじゃない!」とほめてくといいでしょう。

・秘密は守る

これは基本中の基本ですね。これに交際のうえで付け加えるとしたら「約束を守る」というところでしょうね。

これらの原則を考えだしたF・P・バイスティックの翻訳本がありますが、解説本や関連本のが読みやすいでしょう。福祉関係の方なら教科書に必ず書いてあります、必ず。なので買う必要はないです。 


ケースワークの原則―援助関係を形成する技法

 以上の原則は実践してようやく自分のものになりますので、そのことは心がけてください。

ネットを使う

はっきりいってネット恋愛ではアプローチが相当きます。わけがわからないくらい来ますし、加えて男性嫌いになるくらいレベルの低い男が多いです。いわゆる出会い系は売買春がなされている場となっているのでやめたほうがいいです。

 

fudeyuu.hateblo.jp

 うまく利用すれば面白いひとはいます。ただやはりリスクは高いと思うのでおすすめできません。
比較的マシなのはfacebookを利用したマッチングサービス(出会い系の名前を変えただけ)です。facebookアカウントを利用しているので実際いる人間である担保がされていますし、facebookを使う、使わざるをえない人は社会的にある程度まともな人の割合が多いです。もちろん、facebookには使っていることは出ませんしニックネームで利用できます。
ただし、ぼくは男性側なので男性利用者のプロフィールは見られないのでわからないのですが、この手のサービスを利用している男性の年齢層や本気度というものがよくわからないですね。女性側は本気で恋人はほしいがアプリで本気を出す方法がない、出すのはなんか嫌なんだろうなという印象です。なので狙い目ですね、ちょっと頑張れば勝利はみえます。騙されないようにだけは気をつけてください。想像するに客層は「売買春がないぶん出会い系より比較的マシ」というだけで、ヤリ目男性なんぞはごろごろいるでしょうから。

 

「婚期を逃した女性がめちゃくちゃヤリ捨てされる時代」の到来

 上記記事は不快でも必ず読んでおいてください。危機回避のために。

マッチアプリタップル誕生

心理学×統計学
恋愛婚活「with」
 

 

最後に

ぼくは恋愛にがんばる女性を応援しています。男性は応援してないです、ライバルや潜在的ライバルが多すぎるので蹴落とすしかないのです。そんななかをかいくぐった男はいい男です。ぜひ、そういうのを探してください。他人を蹴落とせない優しい男性もいっぱいいますよ、100万以上もいるんです。どうか、いい人生を。

男が非モテなの当たり前ですよ!!! いま日本では100万人以上男が余ってるんですよ!!!?

 

前回、女性を育てようという話をしました。そのときは25〜34歳だけで単純に人口だけでの話でした。

fudeyuu.hateblo.jp

18〜34歳の男女の人口比(男性がかなり多い)

18歳〜34歳の男性は約1134万人(総人口)です。
18歳〜34歳の女性の数は1099万人です(総人口)。
その差、35万人です。
18〜34歳で、35万人も男性が多いです。
前回記事で「15万」としましたが(前回は異性愛者であるぼく個人の話だったのでLGBT人口は除外)もっと衝撃的です。

(2015年10月1日のデータ)

交際相手がいない男女

独身男性7割が「交際相手いない」女性も6割がいない、との結果が出たニュースをご覧になった方もいるかと思います。それで「ふーん」と思ったでしょうが、実はもっと衝撃的なわけですよ

www.sankei.com

第15回出生動向基本調査(結婚と出産に関する全国調査)|国立社会保障・人口問題研究所

2015年出生基本動向調査「結果の概要」(全体板)(PDF注意)

交際相手がいない人数(地方都市ひとつくらい男余り)

逆に言えば、3割ないし4割が交際相手がいるわけです。そして、交際相手なしを数字にすると男性で約794万人女性で約660万人交際相手がいない

あれ? これ人数にするとやばくね?

その差134万人!!!

男が134万人余ってるんです!!!

もうこの時点で記事書けなくなりそうです。問題提起だけでやめたいです。
てかやめます。力尽きました。ショッキング

参考文献

www.mhlw.go.jp

 

・「人口推計」(総務省統計局)

http://www.e-stat.go.jp/SG1/estat/Xlsdl.do?sinfid=000031495530

)(Excelファイル)(2017年2月8日に利用)

 

ネット恋愛遍歴約4年間についてとネット恋愛に向いている人とネット恋愛事始(男女どちらにもむけて)

用語の説明

カカオトーク:LINEもどき。LINEをメインにしてサブとして使っている人が多い。もちろん、メインアカウントでは知りたいたくない、なにかの弾みでそちらの人に知られたらまずい使い方をしているわけである。

Skype:通話アプリ

私は男性の視点で書いていますが、ネット恋愛がきになるあらゆる性別のみなさんへの内容です。

 

名も忘れたチャットアプリをしていたころ

最初はチャットアプリでしたね。
今もあるのかはしりませんが(多分名前をころころ変えたりして生き残っているのでは?)、スマホのチャットアプリです。カカオトークとかLINE、Skypeの掲示板じゃないです。アプリ内で完結するやつを結構やってた時期でした。
話したいこと(主にアニメ、二次元関連の話題)の話は全然できませんでしたね。

媚びることを覚える

媚びるってのは言い過ぎですけど、相手のしたい話題に合わせていくんです。相手のプロフィール欄にあるアニメの話題を出すとかアーティストの話題を出すとか。

やけに積極的な人がいた

なんかアプリ内で少し盛り上がったら「カカオトークで通話しよう」とかいって少し話た。よろしくーよろしくーくらいだったろうか? その後もやり取りをしていたが、下ネタの持ってき方(女性が乗っていたら応じるの礼儀)とか教えてくれた。ちなみにバツイチ子持ちでぼくより年下であった。
メッセージ頻度が多すぎ、めんどくさい(かまってちゃん)状態がひどかったの疎遠になりました。会おうとか言ってきたけどよくわからない不安があったので無理でした。

出会い系時代

メッセージひとつ、プロフィール閲覧ごとにお金がかかるやつ。この時クレジットカードを持っていなかったのでbitcashEX(当時のサービス)を買いにコンビニに走った。

ダメな男の中の普通の男の需要

出会い系にいる男は買春は肉体関係だけを目的にやっている(あるいは女性もそうだと思っている)層ばかりです。なので普通にメッセージをやり取りするだけでまともな人と思っていただけます。(当時ぼくは無職・通信課程の学生)

オタクにもできた出会い系 

「普通の男になれ」

 それが俺が出会い系フォロワーさんからもらった助言だった。 

 そのフォロワーさんがぼくです。当時ぼくは舞い上がっていたのでついつい彼、おばけくんにアドバイスしました。おばけくんのページはいかにもアフィブログ(実際そうですが)なんですが本当の話です。どうかサイト利用の際には彼のアフィを踏んでやってください。現在リア充かは……あなたの目で確かめてください。

あとおばけくんには悪いんですが最近は従来の出会い系よりもFacebookアカウント利用したやつのが幾分マシです。その件についてはまた別の機会に

 いるのは普通の女性か?

 以前言及したんですが、社会保障とか賃金の話抜きにして恋愛だけなら女性有利なんです。そのなか、まだまだ社会的にイメージがよくない出会い系を使うの女性はどうなんでしょうか? 失礼ながら男性同様ちょっと……という方が多いです。

fudeyuu.hateblo.jp

・個人売春業者、私娼

・浮気、不倫志望者

あたりです。やりとりしてみたら「条件は?(性的サービス内容及び金銭的な話のこと)」「彼氏が相手してくれないので」という方々が多かったです。
もっとも、男性側のスペックが高ければもっと違った方々が集まってくるかもしれませんが。

その中で付き合うまでに至った方

ようやく普通の人ので出会えた、という思いでした。向こうもそうだったでしょう。ただ、ぼくは初彼女であったので無理をして相手に合わせたところが非常に大きかったです。結局半年程でお別れすることになりました(やりとり全体は2年くらい)。

ネット恋愛の心構え

たいていこの手のサービスは同性の投稿はみることができません。なので女性側のプロフィールしか見えません。ネット恋愛のコアな年齢層は30手前くらいとぼくは感じています。ぼくが現在29歳なのでぼくが求めている年齢層と一致しています。しかし、同年代の方々ならお分かりかと思いますが、我々の頃は今よりネット恋愛に対してあまりいい印象がなかったのではないでしょうか? テレクラだの、援助交際だの、センセーショナルな報道もありました。なので、ネットではなく普段の生活の中から恋愛関係にという指向はやはり強いでしょう(「お友達から」「自然に」と書いている方も多いです)。ゆえに

わざわざネットで相手を探す(探さざるをえない)のはなぜか?

に注意するといいでしょう。恋愛市場の食い詰め者がいるんですよ、ネットには。

あなたはなぜネットで相手を探すんですか?

普段の生活で恋愛に結びつきづらい、というだけではやめたほうがいいでしょう。はっきりいってネット上では様々なバランスがおかしい。ただでさえ男性余り(実際、人口比で男性が多い)の世の中でインターネット上の恋愛場所はさらに男性が多い場所です。そこでは男性ですとかなりの競争を強いられ、女性は振り分けるのが大変です。もう少し、もう少しだけネットのサービス以外で頑張ってみることをおすすめします。

ネット恋愛が向いているだろう人

珍しい趣味があって、同じ趣味の人や理解者をパートナーに求める人はよいでしょう。たいていネット恋愛といっても地域を選ぶんですが、だいたい県単位です。これが全国も増やせば、相手が一気に広がります。たとえば

anond.hatelabo.jp

anond.hatelabo.jp

上の記事で「定期券内の通過駅で降りてみて、次の駅まで歩いてうろうろする」男性が彼女がほしいとのことで、彼女を見つけ出した男性の話が下です。
変わった趣味であっても(実際はingressというゲームをしていたようであるが)、何か一点突破の趣味というか希望、相手に求めるものがあればそれはネット恋愛もおすすめです。この条件がかなわなかったら、別にいいや、くらいの気持ちで。

 

ゲーム収納のために家を建てた男──超大量のゲームやマンガを絶対に捨てないという信念を貫いた、とあるゲーマーの努力と幸運

この方、既婚者なんですよ。そういう趣味を許容してくれる相手なんですね。絶対に譲れない条件があるってのは足かせでもありますが、ゴールがはっきりしてていい面もあります。迷わずに済みますし、相手が良いのか悪いのか、合うのか合わないか明確になるんでしょうね。 

自己分析(恋愛一般にも通じる話)

自分が求める相手をしっかりわかっていないといけません。恋愛一般でもそうですが、ネットだと細かく年収なり趣味なり年齢を入力して検索した相手だけ出るようになるわけです。逆にそうしないと人が多すぎることで見尽くせないわけですが、それゆえ相手に求めるところをしっかり自己分析ではっきりさせましょう。同時に自身の魅力についても、アピールポイントを明らかにしましょう。就活みたいなもんです。

同性のプロフィールもみてみよう。

同性(ライバル)のプロフィールもみてみるといいでしょう。SkypeちゃんねるというSkype友達募集掲示板がとてもいいです。リンクは貼りません、あまりにも下品なので。

www.hitode-festival.com

www.hitode-festival.com

上記の連載記事にまとまってるので、気になる方は続きもご覧になるといいでしょう。スカイプちゃんねるに男性が多いってのもそうですが、ぼくが注目するのはその書き込みにおける「要求」の多さです。
「イケボ」「イケメン」「〜歳まで」「かわいいこ」とかあるいはここに書きたくないようなことまで書いてありますが、要求ばかりです。

要求しても理想の相手は降りてこない

プロフィール欄に「〜な人連絡ください」のようなこと書いてもそんな人はまずきません。趣味が同じ、とかならいいですけどね。たいていそこは……「無料でお金をください」「飯をおごれ」というレベルの「要求」です。冷静になりましょう。

異性のことを研究する

よく、ネットで調べただけじゃなくて生身の〜とか言いますけど想像も大事だと思うんですよ。たとえばアイドルグループ(男女ともに)好きで誰々推してます!ってプロフィールで書いていたとして、それ異性にとってどう思うのかという想像をしてください。そのアイドルグループを推しているというのが、異性に絶対に認めてもらわなければならないことなら構いません。ただ、異性にアピールする場で、それを書いていてどう思われるのかという想像力が必要です。その趣味を「認めてほしい」のか「理解してほしい」のか「一緒に楽しみたい」のか「隠したい」のかははっきりしたほうがいいでしょうね。
他にも、「ちょっと好き・しってる」くらいだけど「異性ウケ」がいい程度のところもおさえておきましょう。媚びない程度に話のきっかけは必要です。これは嘘ではなく配慮、きっかけ作りでぼくは必要と思っています。

最後に

簡単に述べましたが、はじめはいろんな男女が集まるところを眺めてみてください。それでそこの空気感をつかむことが大切です。そしてこの人と話せそうか、話したらどんな話ができそうか、どこへ行くのか恋愛感情ではなく冷静にイメージしてからです。それが続けばなんとかなる気がします。

あと、ぼくがなんか悪い道に引き込んじゃった気がするのでおばけくんをよろしくお願いします。

neback.blog.fc2.com

 

恋愛市場においては女性有利であるから女性をいい女に育てるようにしろ

 

人口の男女比

平成29年1月報  (平成28年8月確定値,平成29年1月概算値)(PDF:240KB)

25〜29歳の人口635万人

うち

男325万人 女310万人 その差15万人

抽出した年代はぼくがここに入るから、それだけです。
同年代と恋愛しようと思ったら15万人余りますね。
ちなみにぼくは異性愛者の男性でした異性愛者の女性を恋人にしたいと思っていますのでここ抽出しました。LGBTの方々は7.6%いるとの調査もあるんですが……細かい数字(身体的性と性自認別)がないので身体的男女に等しくいるものとしてここでは考えさせて頂きます。
さて、このうち92.4%の約586万人は異性を指向している。そして約14万人は
男→女
女→男
と向かうわけです。みんながみんな同年代をパートナーに選ぶわけではないでしょうけどね、そういう傾向はあるんじゃないでしょうか? いや、そうでなくても男は余ってるんです総人口1億2686万人中、6173万人が男性で6513万人が女性です。
ちなみにこれが逆転するのが55歳〜以降です。これ以降は女性のが多くなります。
男あまりは学校の席とかから薄々気づいていた方もいるでしょうが、はい。実際男は余ってます。

恋愛市場においては女性有利は間違いない

ただし55歳以上の女性を求めているならば話は違ってくるかもしれませんが、ぼくは同年代がいいのでここは考えません。
92.4%の異性愛者男性約300万人、同女性約286万人、わかりやすくいうと有効求人倍率でいうと0.95です。92.4が異性愛者な現状、男性が必死にアプローチしても男性は完全にマッチングしても余るんです。語学を学んで海外に目を向ける可能性も近頃は考えています。

選べる側の余裕

雇用関係でいったら選べる側なんですよ。面接官の立場で「お前ダメ」とも言えますし、クビも切りやすい。逆に被用者からすると「え、志望動機ですか? なんとなくw」「デートっすか? いやです」「どうしてもってんならやめま〜すw じゃーねー」という感じですね。

選ばれる側

必死に志望動機を考え、情報をリサーチ、面接の練習、イメトレ、それでも落ちます。簡単にクビにもなりますし、みじめにすがらなければならいこともあります。しかし現実です。ですが、これは会社とかじゃなくて感情の問題なので仕方ないですけどね。

ネット恋愛を試行錯誤したが……憎しみが増すだけ

ネットで相手を探すとなると、そういうサイトでは顔写真とプロフィール欄があるわけです。ただでさえ男余りなので女性は悠々と構えていれば黙っていてもアプローチされます。そのため、プロフィールはすっかすかでもアプローチをたくさんもらっている人がいます。率直にいって、お門違いですがぼくはこれで女性への憎悪がわいてきます。「なんとなく始めた」「よくわからない」「(アプリやサービス)やめます」等々、「本気じゃないけど、お前ら私を口説け」との姿勢を感じます。
そうなんです、彼女たちは全力を出さなくてもいいんです。
ぼくが120%がんばってても、向こうは指先一本くらいで適当にしとけばいいんです。少しでも不満があれば足切りすればいいんですよ。

 

基本的に「恋愛」は女子限定の娯楽 男の大半は「一番好きな女」とは一生付き合えないから - ピピピピピの爽やかな日記帳

 この方の記事はほぼぼくの言いたいことがまとめられています。女性側にとって恋愛は娯楽であり、男はいつもビクビクしていなければならないという話です。

 

森岡先生の『正しい』言葉が、恋愛工学生に届かない理由 - 自意識高い系男子 

こちらも素晴らしい。女性をひっかけ続ける男はそれにより女性は簡単に落とせてしまう、醜悪なものだとその考えを強化し続けるということです。それゆえ、やめられなくなってしまうということ、そういう技術にすがる、はまってしまうということです。

男女対立を煽りたいわけじゃない

ここでこんなこと言っても信じてもらえないかもしれませんが、ここまでは全部ぼくが個人的に感じたことを赤裸々に述べたまでです。

「男性」を「非モテ」、「女性」を「モテる人」と読み替えて

「男性」を「非モテ」、「女性」を「モテる人」に読み替えてください。ぼくは確かに一部女性に憎しみを募らせましたが、これはぼくが異性愛者で恋愛対象が女性だからです。
「女性全体」憎んではいません

コミュニケーションをとってほしい、とる努力をしてほしい

ぼくの希望は

きちんとコミュニケーションをとってほしい

ことです。ネット恋愛限定なんですけどねこれは。プロフィール欄を埋めない人多すぎるんですよ。すっかすかだったり、自分を出さない人が多い。あと全部受け止めてほしいって思うにしても無茶言い過ぎですよ。あと、あくまで個人の感想ですけど「ジャニーズ好き」「三代目JSBすき」って書いて男性が寄ってくると思うんですか? そんなことも考えられない、想像できないってもったいないです。結果的に損をするんじゃないでしょうか。

異性愛者男性にとって、異性愛者女性は貴重な存在なので

そんな気に食わない相手無視すりゃいいっていうかもしれませんがね!

14万人もぼくくらいの世代の異性愛者男性は余る

んですよ!!!

んですから

数少ない異性愛者女性に頑張ってほしいんですよ、もう選ぶことはできなんです、いや

頑張ってくれるようぼくらは頑張らないといけないんです!!!

恋愛ナメないでほしいんですよ、手抜きしないでくださいお願いします!!! いい女でいてくださいお願いします本当お願いします、いや、もっともっといい女になってください、ぼくらも……ぼくは頑張りますから!!! 応援して支援してかなきゃいけないんです!!!!! いい男になるんで……ほんと頑張ってるんですよ……

とにかく

世の異性愛者男性連中がだ、女性を甘やかすでなく、憎むでもなく、育てろ!!!

狂犬ことジェームズ・マティス米国防長官(第26代)ってどんな人? ウォリアーモンクだから物理攻撃が得意なの? 実はインテリ?

「物理攻撃強そう」と思ったそこのあなた、ジャパニーズRPGのしすぎです!!!

 

マッドドッグ!!!

ジェームズ・マティス - Wikipedia

1950年9月8日生まれ! 2017年2月4日時点で57歳!!!

別名

狂犬(Mad Dog)!

ウォリアーモンク(Warrior Monk)!!

つよそう()

政治のことよくわからないんで人となりを調べてみました。

実は特に過激なことは言ってない?

首相官邸ホームページから

www.kantei.go.jp

上の動画、カメラシャッター音はうるさいわマイクは遠いわで聞き取りづらいしメモリ食うからみなくていいと思います。
要旨は下に書き起こしてあります。特に抜けはないとぼくは思いました。

www3.nhk.or.jp

まあ、特に変わったことは言ってませんよね???
日米同盟はこれまでどおりとしか言ってないです。

ウォリアーモンク(戦う“修道士”)

www.nhk.or.jp

モンクときくと筋肉で物理で殴れってイメージがRPGのおかげで定着しましたが修道士ったらカビ臭い教会で本読んでるという感じですね。最近は教会のひとっていったら銃剣持って吸血鬼を狩るイメージとか裏で糸をひいて愉悦したり激辛麻婆食う素手でサーヴァントと殴りあう第七位この不心得者があ!!!なんてイメージのが強いかもしれませんが……インテリなんですね実はこの方

やっぱり過激発言? 海兵隊大将時代、対アルカイダ時代

偽りの友よりあからさまな敵の方がまし

このセリフ(彼がスローガンとして浸透させた)で有名になりました。

大将としてのマティスは「偽りの友よりあからさまな敵の方がまし」(もとはローマ人スッラの言葉)というスローガンを指針として浸透させた。この言葉は、彼のもとで小隊を指揮していたイラリオ・パンターノ少尉(自己防衛だとして非武装のイラク人を射殺した行為などが問題となった)の査問中にたいへん有名になった[19][20][21][22][23][24][25] 

 Wikipediaより

共和制ローマの政治家(兼将軍、ローマでは政治家が軍人もした)の発言を引用をしてます。とはいえ問題発言は問題発言です。ただぼくは戦場という極限状態において、“偽りの友”か“敵”かわからないという状況で、現場で命の危険に晒されている、晒されている部下がいる中でするという観点からすれば妥当と思います。

  • アフガニスタンへ行けば、ヴェールをつけていないからと5年間も女性たちを殴りつけてきた連中がいる。男の風上にもおけない奴らでしょう?そういう人間を的にするのは死ぬほど愉快でしたね。実際、戦うというのはとにかく楽しいものです。いや、面白すぎるといってもいい。誰かを銃の的にするというのは楽しい。はっきり言えば、私は喧嘩が好きなんだな。

 前半、まともなこと言ってますが後半ひどいんですよね。けど、ぼくはやはりはっきりとこの発言を非難するのは抵抗があります。前述同様ぼくは戦地に言ったわけではないですので、実際に何か見たわけじゃないです。想像するだけなのですが、想像してみると、“人間を的にする”のはもしかしたら“正義のため”にそれこそ“男の風上にもおけない奴ら”と戦っているとでも思わないとできないことであると思うんです。この際、現場を非難するのはずれてると思うんです。戦争はじめた、意思決定にかかわる人間にこそ問うべきではないのかと思うのです。人を撃つのに必要な思い込み、ってのがあるんですよね。

 

戦争における「人殺し」の心理学 (ちくま学芸文庫)

戦争における「人殺し」の心理学 (ちくま学芸文庫)

 

 この本は米軍の知見をもとにしてますからね、当然その辺は米軍将校や将官あたりからすれば常識なんでしょうが。

 あと、Wikipediaみて「あっ」と思った言葉があります。

マティスは2007年の5月に「市民に腹がたったりむかつくようなときこそ、アルカイダやその他の反乱分子への勝利だ」と海兵隊員たちに語った。暴徒を抑えるためには戦場での休息こそが鍵になるという考えに対しては、「イラク市民を揺さぶるたびに、アルカイダも墓場に転がっていく」と答えた[18] 

 これ「市民に腹がたったりむかつくようなときこそ、アルカイダやその他の反乱分子への勝利だ」ってどういう文脈で言ったんでしょうね。これは市民虐待の疑いがかけられたとき、こういう発言があったという調査なんですが……wikiの元の英語記事が読めればいいんですけどね。好意的に解釈すれば、「腹がたったりむかつくところで止めることができる俺たちは有能」とも受け取れるんですけどね。ここは保留です。

退任の原因

後にオバマ政権と対イラン政策をめぐって対立し、解任となる。[28]イランとの核合意に反対[29]し、イランをISIL以上の脅威[30]と考えるマティスの姿勢が原因とされる[31][32] 

 ここは政治の判断てことですかね。特に過激なことをしたわけじゃあなさそうです。

“狂犬”は誤訳?

www.newsweekjapan.jp

これがどうやら真相なのかどうかはわかりませんが、しっくりきます。アフガンにおけるwiki発言や上記事内の民間人の扱いは慎重〜という発言についてはどれも元ソースがわからないのでなんとも言えないですけど。

ぼくの印象「勇猛な学者」

 Wikipediaを読んでる限り、あるいは首相との会談(公開部分)からすると理性的な人と思います。ニューズウィークジャパンの記事にもあった通り学究肌という印象です。言葉はよく考えられた内容との印象を受けるんです。性格が勇猛で言葉の瞬発力もある学究的なひとって感じですね。本当に粗野ならもっと直情的な言葉が出るんじゃないかなと。あと、同記事でも触れられていましたが、日本のメディアが「狂犬国防長官だ!」ってなって騒ぐのも問題なんです。しかししかし、少し落ち着いてみると彼の発言は現場の指揮官として仕方ないんじゃないか、と思い調べてみようって気になったんです。それがこの記事を書くきっかけでしたね。メディアの偏向言うのも大事ですけど「ん?」て思って自分で確認するのも大事ですわ、ほんと。ただ、最初の最初、トランプ大統領の「マッドドッグ、マティス!」の部分がものすごく印象的だったんですよねw あの頃は「マジかよ狂犬かよ……」てなって疑いも何も抱かずすげえ過激なひとかと思いました。ウォリアーモンクてのも……RPGに毒されていると……w