読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うなぎ桶

うなぎブログ

疲労回復法を試してから二週間ちょっとが経過したから報告

結論からいうと改善している

二週間くらい前に試した疲労回復法はもはや

リンク作成するのすら面倒なので

今続いているものを列記する

現在続いているのは

鶏胸肉を一日100~200グラム食べる

カフェインとらない

湯船につからずシャワーのみ

おしまい

他にもやってた気がするが過去記事振り返るのすらめんどい

当時は栄養ドリンクとかも併用していた気がするが

あれは何か肝臓とかに悪いとかいうツイートをどっかでみたので

やめた

疲労感は減っています。あれは単なる夏バテだった気もする

あと環境に早く適応したのかもしれない

鶏胸肉に関しては

毎回味噌なり醤油なり塩なりにつけて、酒入れて

一晩くらい寝かせて、40分~50分くらい

オーブンレンジ110度で焼く、最後に5分か10分は

200度くらいにしていたりしていなかったりした

ペーパー越しで酒でといた味噌につけた時が

一番味濃かったが美味しかった

皮はパリっとしたりしない。というか途中から皮は除いている

焼いたものを100グラムごと小分けで冷凍してレンジで解凍しているので

皮はどうせくたっとなるし、あんまりうまくもないから皮なしである

ちなみに今日つける分はウスターソース、酒、めんつゆ、しそジュース少々という

刺激的な内容である

入浴時にシャワーのみっていうのはほんと今の時期が限界かも

これから涼しくなったら寒いかもしれない

そしてカフェインレス生活

コーヒー飲めないのにも慣れた

お茶はハーブ系か麦茶を飲めばいい

眠気をとりたいとき決め手がないのはちと大変だが

肩こりは以前ほどひどくない

総じて、疲れを感じにくいどころか

以前より夜ふかしすらできるようになった(22時とか

以前は19時くらいに寝ていたので大きな前進? である

やっていることは多分前記事と変わりはない

「個人の感想」なので自信をもってすすめられはしないが

少なくとも私はプラシーボかもしれないが、きいている

どれがきいているかは謎である

鶏胸肉は疲労感の回復というよりかは、タンパク質の補給とか

腹の足しにするといった側面が今は強い

上で美味しかったときはどうこうとか書いてはいたが

実際はそれほどいいものではない。

できたては美味しい、だが冷凍を解凍して食べると

あんまり美味しいものではない

習慣と化しているから食べているようなものであって

イミダゾールジペプチドを実感している、ってほどではないのである

あくまで「個人の感想」というのが自分でも歯がゆい

科学的に証明されているとは聞く

しかし、店頭にイミダペプチドが置いていない事実を一体どう捉えればいいのか?

即効性がないから置かれていないのだろうか

その辺がきになる

まあなんだかんだ言ったが、今はあんまりつかれていないので

それはそれでいいことだ

私は満足している。どれがきいていようが効いていまいが

今よければいい