読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うなぎ桶

うなぎブログ

スマホチャットアプリという闇

WordPressでブログ作っているんですが 今まで段落分けしまくってた なんかこうネット初心者がよくやるポエムっぽくなってた 恥ずかしい さて今回はスマホのチャットアプリの話 ブログ更新やツイッターもせずに何やっていたのかというお話です

まあ闇といっても別にそこで会ったりとか お金払ったり会ったりとかしてたわけじゃないです 今回の話題は、いえ今回の話題もコミュニケーションです

二週間くらいスマホのチャットアプリにかまけていると そのアプリの色というものが見えてくるわけです

画像交換できる・できない

音声通話機能がある・ない(Skypeみたいにカメラ使うものも!)

などなど 音声メッセージ交換機能というのもありますね。あとは チャット相手の探し方。完全ランダムとか、タグ付けみたいにするとか プロフィールから声をかける。友達承認してからでないと会話できないとか いろいろあります

ここで問題にしているのはそういう細かい機能ではなく コミュニケーションについてです。その前提として機能を知っておいていただきたかった まず、最初の一言は大事ですね 私は「こんにちは」といって同じように「こんにちは」あるいは「にちは」「こん」などと 返さない人はまず話が通じないと考えてきっぱりスルーするという やり方をとっていました。大体これは当たります。ここで「うん」などと返されると 「あれ?」と思います。大体あとのコミュニケーションも不調でした まあ、あれです。これは別に「こんにちは」じゃなくてもいいです ただ、私の話が通じる人はだいたいこうやってあいさつ返ってくる人ってのが 基本にありました

あとは男女の話です 男女といっても本当に単純な話です よくチャットアプリでは最低限男女を選択して メッセージを送る相手を選べるというのは基本中の基本としてあります これは必要な機能でしょうね たとえば私は男で登録するのですが この性別選択機能がないとですね

相手:こんにちは 私:こんにちは 相手:男? 私:はい 相手が退室しました

というパターンが多くなります はなはだしいと(といっても多いですが 「男」と一言だけ言ってくる例もあります パソコンのチャットサービスだとそれほどでもないのですが(それでも多いが スマホだと大部分の男は男を拒否します 拒否させない手段としては質問攻めにするか 女のふりをするしかないですね こういうアプリ使っている女性は少ないですね まあ男は男でこうやって話し相手探すのにそこそこ苦労なんですが 女性はもっと大変でしょうね。まともな話し相手をさがすのが 私はほんとどうでもいいからチャットするってパターンが多いので 相手に合わせるだけなんですが 何度か女性に間違われたんですよね 丁寧語で使っていたハンドルネームが中性的なので そのときの男のパターンがひどい どいつもこいつも

「女?」 「いくつ?」 「どこ住み?」 「てかカカオやんない」 「(とてもここに書けない内容)」

てな感じです。カカオってのはカカオトークといって ラインみたいなアプリです。普段ライン使っていて サブに使うのがカカオトークってのが一般的?らしいです まあほんとにテンプレですね どいつもこいつもテンプレで驚愕します いや、ホントこの通りきます

今回はこの辺にしときましょう 次回は実際なに話したかとか書きましょう