読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うなぎ桶

うなぎブログ

約束(ラーメン)の地

お題「ちょっとした贅沢」

ちょっとした贅沢とはラーメンである
なぜ? もっと高級なもn

黙れブルジョア(あるいはラーメンが豊かな地域)!!!

まあブルジョアジーは別にいいのよね
彼らが幸せとは限らないし
問題はラーメンが豊かな地域に住む人々……

うらやましい……っ

そこはチャーシューの樹があり
いくらでも煮玉子をもぎとることができ
その地域独特のスープの川が流れ
見渡すかぎりのメンマ
……麺が降ってくるという

いやさすがに麺ふってきたら困るか
とにかくしばしばTwitterとかでみていると東京はともかく
関西方面のラーメンの豊かさはなんだかすごそう
仙台あたりでラーメン800円はするわー高いわーって
「えっ」とかいうことを以前どっかチャットで話したようなこともあった

仕方ないのだ……これが田舎
文化(ラーメン)程度が低いのだ
そばは旨いといえばうまいのであるが
基本的に関西人はそばの存在が我々にとってのうどんよりはるかに軽い
なんていうか眼中にないレベル
そして追い打ちをかけるかのように、まともなそば屋は郊外か田舎
もしかすると、「住みやすいわ~」とかドヤれる街仙台も
相当貧弱な食生活を送っているのではないかという気さえしてきて
危機感すごい

そんな仙台人はたまの贅沢に800~とかのラーメンを食べるのである
そこでひらめいた

自分で作ればただみたいなもんじゃろ!!!

手間はかかるがね……その過程が楽しいんじゃ
具はまあなんとなるとして
麺とスープを作ろうとうどん粉とか買ってきた
次の休みに鶏ガラとか買ってくるかな……
とか考えている