読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うなぎ桶

うなぎブログ

フランスのテロについて〜ヒキ時代の思考を思い出すと〜

日本でも起きろよ
「俺がテロリストやっつける!!!」
とか思ってると思いますね。ひきこもってたら

マジだよこれは
そのくらい社会に自分に絶望して世間も知らんし守るものもないんだよ
かといって行動しない
守るものっていったらわずかなプライド
想像力もないし、社会もわからない
しかし正義感はあるから、
悪を憎む
こういうのが中東にもいてテロの温床になってるんじゃろ
「俺が悪い欧米をやっつけるんだ!!!」
社会から爪弾きにされて(るという思いがあって)
家の中に籠もれる環境があったからなんともなかった
ただ、家の中に居られなくて、それが洗脳されて……
というのはわかりやすいストーリーである
そんななかテロ組織が
「お前はできる!」
「お前は戦士だ!」
「かっこいいーテロかっけー」
「お前もやるか?」
「英雄だ!」
とかってなるとね……あぶない
社会のほうが「あなたは必要です」と
言ってやらなきゃならないところを
テロ組織が「あなたは必要です」と
言って、
社会「法律を守りましょう、教育をうけましょう、はたらきましょう
税金をおさめましょう、幸せを存分に追い求めていいんですよ
あなたは自由です」
テロ組織「戒律を守りましょう、戦闘訓練をうけましょう、テロしましょう
活動資金かせぎなさい、天国を追い求めていいんですよ
あなたは神のものです」
こんなんなっちゃう
構造的にやむなし
必要とされてないって思っている人間が
必要って言われたらそりゃ判断とかいうことじゃないでしょ
それに
献身恩に報いるとか忠義を尽くす
これは
単純で思考停止できもちいい!
悪いがこんなんアホでもできる
自由な選択ってのは
なが~い年月の教育と知識
深い理解と
強い意志と決断と苦しみからでないとできん
まあ、こういうところの解説も専門家でないんでな
調べ調べつつかいていく
僕のひきこもり時代の脱出も
選択することからはじまった
それについては、またいずれ