読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うなぎ桶

うなぎブログ

俺はどうすれば記号化を避けられる!? 坂爪真吾『男子の貞操――僕らの性は僕らが語る』

コミュニケーション コミュニケーション関連本 コミュ力 恋愛 男女

一気に読んだ。大変興味深い

最も印象残ったのは男性(異性愛男性を指す

は記号として女性を消費し、その人格を無視している、という点

 

 

記号

私の個人的興味はほぼここに集中している。

私の興味はただ一点、人間を記号化してしまわないためには

一体どうすればいいのか?

人格と記号をわけて考えるにはどうすればいいのか!

それだけだ。そのための処方箋が7つ

坂爪真吾は記している。いちいち挙げはしない。

面倒だしぐぐってアマゾンで目次でもみて

さて、その中でいくつか私の段階で実践できそうなものがあった

まず「性を金で買うな」ということと

「社会的ネットワークに貢献しろ」ということである

性を買うな、あるいは消費するなというのはわかる

あのエンターテイメントに特化された性的コンテンツは

まさに記号のオンパレードである

社会的ネットワークに貢献しろってのも納得いく

単純に異性と出会う機会を増やすのと、

自らの……慣れ(記号化を避けるため言葉は選んだ)にもなる

記号にとらわれるな、とも。モテ/非モテとかいう、これも記号である、と

 

全体を通してみると、かなり目を開かされた本だった。

そして再認識した。「モテ」という言葉、認識は間違っていると

けど記号化を避ける具体的手法は読者に残された課題と思う

たぶん社会的ネットワークに所属していれば治る可能性はあるだろうが、

二村ヒトシの本(『すべてはモテるためである』)では

バカを治すのは大変ぽい

まあそうだよね。俺みたいに撤退、退却した例もあるし

傷ついて、慣れるしかないということであるのかな

まあそんな簡単にできることが書いているわけないよねー

「個人の尊重」とかは、いま自分の中ですごく大きなテーマなんだけど

簡単に答えが出たり簡単にできたりはしないんだよねやっぱり

けど、わかってるんだよ、個人を大事にするってことはわかる

相手を問わず人格を大切にしたい

日々、何に気をつければそれを実行できるか

それについて日々問い続けていきたい

続きは 後でバイステックの本(『ケースワークの原則』)とともに書く予定

この問いは続く