読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うなぎ桶

うなぎブログ

統計上男性はモテなくて当然なので不当な男性叩きは徹底的に批判していく

「モテない男性」という言葉は不当な差別

 

※当記事は男女異性愛者向けです。
統計を用いている都合上、LGBT人口の正確なデータがないため、LGBT人口を7.6%としバイセクシュアルの方々も含め除外し男女ともに異性愛者であると思われる数字を利用しています。ご了承下さい。

人口比からいって男性は余っている。

anond.hatelabo.jp

いやあその通りですなあ

ぼくは何度も言ってるんですよね、約130万人男性余りなんですよ現状は

 

fudeyuu.hateblo.jp

独身男女のうち交際相手がいない割合と人口推計から割り出すと
130万人程男性が余るんですよ。
5〜6人に1人の男性は余ります。
逆に女性は5〜6人に1人は「無いな」と思ったら無視していいんですね。
逆に、男性は「無いな」と思っても選ぶ余地なんかないんですね。
なので女性にだけは恋愛アドバイス(笑)はもらいたくないですね。 
勘違いも甚だしい場合が多いです。

「男性もパートナーがいて当然」と勘違いしている女性

既に述べてきたように男性は約130万人余っています。なので、女性と同じように恋人がいて当然という思い込みがある女性もおられるようですね。実例からみてみましょう。

anond.hatelabo.jp

女性の「セックスのうまさ」というのは、ハンドジョブマウスジョブなどの技術スペック(胸がでかいとかゆるくないとか体がやわらかいとか)のことを指している。

これは一度高めるとけっこうどの男性にも通用する。

違うんですよこれは、男性は選ぶ余地がないので「我慢してやってる」か男性余りの現状では「それ以外知らない」「その女性しか知らない」んですね。

男性セックスのうまさというのは、「相手に対して調整できるか?」ということだ。

 いや男性だってそれ求めてるんじゃないの? ということです。この方はたくさんの男性には一律の対応していて、男性側には調整を求めるんですね。そしてそれを個別の問題ではなく男女の違いとして一般化している。しかし男性側は選択肢が少ないので、つまり「この人と別れたら次はないかもしれない」ので我慢するしかないんです。要求はできないんですよ。

そういう「雰囲気」で興奮し、行為に対する満足度を上げている。

女性の多くはこの自分雰囲気感をおおっぴらにしたがらず、言語化もしてないことが多いので

男性エスパーになることを迫られるケースが多い。本当にかわいそうだと思う。がんばってほしい。

ここまで行くと男性による釣り記事にみえてくるんですが、こんな傲慢が許されるのも女性が有利な立場で恋愛という趣味娯楽を楽しめているからなんですよ。これを男女の特性と捉えるのが当然とみられてしまっているんですね。違うんです、女性が単純に恋愛市場では力が強いだけなんです。

女性にとって「当たり前」は男性にとっては「当たり前」ではない

冒頭の記事につながっていきます。
下記はその記事に引用されていたトゥゲッターまとめです。

togetter.com


冒頭の記事
ではこの内容が批判されています。

昔は大人しくしてるだけの人間にもわけわからんハラスメントを仕掛ける事が出来たんだけど

今はさすがに世間の目が厳しくなってきてそんな差別いじめ丸出しのアクションはしにくいからね。

でも彼女出来ないような男を叩いて説教したくてしょうがない、ウズウズ!

からあいう変てこでアグレッシブな男のエピソードを持ってきて

彼女出来ない男」として括ってでっかい主語で語るんだよね。

好きだねえほんとに。

結局どうにかこうにか、差別対象いじめ対象が欲しいんだよね。

全くその通りですね、それで男性は苦しむんです。ぼくは心情的にはいわゆる「女叩き」をしている自覚はありますが、常にデータを示しています。「友達が〜」「知り合いが〜」という例を用いません。あくまで統計上女性が有利と示しております。
なので女性は恋愛経験値を積む機会も多くもなるので結局は一部の男性がどんどん不利になっていって自分たちが初めから有利とも知らない女性から叩かれるんです。ちなみに、余ってしまう男性約130万人という数字は交際相手がいない独身男性中の17%にあたり、女性は下位男性17%を無視できるわけです。

 

無神経な女性の主張によってさらに男性は苦しむ 

恋人がいない、できない、それだけで既につらいのにネット上で居丈高に「アドバイス(笑)」をするものですから男性はさらに苦しむわけです。実際、男性は苦しんでいるんですよ。これでも追い打ちをかけますか?

pipipipipi-www.hatenablog.com

pipipipipi-www.hatenablog.com

結局はこういうことなんですね。この方がほぼ全て書いておられます。ただこの方はこうなっちゃうんですね。こういう実践をするようになるんです。

pipipipipi-www.hatenablog.com

この方が恋愛で幸せになれたかというと、こうやってずっと苦しんでおられるんですよ。ここ最近ブログを連続で投稿しておられましたが、お休みされるとのことです。
何人もの女性と遊ぼうと結局苦しむんです。なぜなら、もてない男がどうなるかというとそのまま受容するかモテる努力をするわけです。受容しても延々理不尽な人々(男女問わず)の攻撃(「彼女いないの」「結婚しないの」「〜したほうがいいよ」等々等々)にあって辛い目に遭うんです。

男性のモテる努力法について

しかしながら、先に引用したトゥゲッターは教材としては非常にいいんですよ。女性との距離の取り方について
・女性を怖がらせず
・適切に
・女性の望むように

するために

非常にいい教材なんですよ。そうやって男は「勉強」「学習」「復習」「分析」「実践」「評価」を繰り返すわけです。
こんな感じで、公開して下さる方もいます。

anond.hatelabo.jp

ナンパをする方のブログもぼくは感心しながら読みますね。さすがにナンパしたりはしませんが、分析評価しておられます。ただし、倫理観については反発するところは多いですがね。

d.hatena.ne.jp

モテる努力をして恋愛してそれ楽しい?

しかしここで多くのこの記事を読んで下さっている男性が思ってるでしょう。
「めんどくせえ」
はい、めんどくさいですね。ちなみにぼくはめんどくさいというより

・苦痛

・ストレス

です。そして

女性に対する憎悪

増す

ことになります。

多くの男性は恋愛はできないんですよ。
約130万人は余りますし、相手を見つけるにしてもその努力たるや女性の比ではないんです。女性はほぼ何も考えず恋愛を楽しめますが、男性側はこうやって頭で必死に考えて女性に合わせてあげてるんですね。ぼくはここから降りたのでストレスも減りました。そしてこうやってどうしようもない理不尽を、この人口比という現実を、広めて世の男性に楽になってもらおうと思っているんです。そして、女性の方々の中にも非モテと自認される方々もいて、苦しんでおられると思います。ぼくはそういう方々に非常に同情します。何せ賃金格差は大きいですから生きる上では男性の圧倒的有利なんです。

 

fudeyuu.hateblo.jp

男性だけではなく女性も改善していかなくてはいけない

女性の方々には少しでも良い女性、人間でいて頂けるようにぼくは努力していきたいと思っています。 そうしたほうがぼくの人生も楽しくなると思うのです。

fudeyuu.hateblo.jp

女性の方々は無神経なアドバイスをお止めになったらいかがでしょうかと、ぼくはおすすめします。男性はそれで苦しみますし、モテる男性は笑いながら見てるんじゃないでしょうか。女性でも非モテの方々もイライラしたり悲しんだりしていると思いますよそういう記事をみると。そして、非モテ女性の方々はぜひ努力をして下さい。応援します。ぼくの経験ならなるべく語っていくので参考にできるだけしてください。そうすれば世の中豊かに、楽しさ、幸福が増していくと思うんです。ぼくは努力してみて降りました。ぜひ皆さんも合う合わないを見極めて恋愛から降りるなり続けるなり決めたらいいと思います。

恋愛だなんだと

縛られることなく

心穏やかに

生きていきたい